独特な姿が印象的なおしゃれなインテリアプラント「ガジュマル」の魅力と育て方

tb001_07

丸みをおびた葉とぽっこりした根の姿が愛らしい「ガジュマル」は、お部屋のインテリアを鮮やかに彩る観葉植物として世界中で人気があります。
ガジュマルは、最近では住宅の他にもおしゃれなオフィスやカフェなどでもよく見かけます。
ガジュマルの特徴は、なんといってもその姿です。
幹や枝から「気根」と呼ばれる根がしだる姿からは、生命の力強さが感じられます。

ガジュマルとは?

20160201_01

ガジュマルと言えば、世界遺産のアンコールワットを思い浮かべる方も少なくないと思います。
巨大なガジュマルがその根で遺跡を飲み込もうとしている光景は、自然の雄大さを物語っていて実に圧巻です。
ガジュマルは、見た目からも感じられるようにとても生命力があり、ちょっと物騒ですが「絞め殺しの木」と呼ばれることもあります。
その理由は、ガジュマルの種子が鳥によって運ばれ、どこか木の上に落ちてしまってもそこから発芽し、その根で木を覆いつくして、その木を枯らしてしまうからです。

神秘的な樹形を楽しむ

tb001_08

樹齢が何百年にもなったガジュマルの姿は実に神秘的で、沖縄では「精霊の宿る木」とも呼ばれているのにも納得です。
ガジュマルが観葉植物として人気なのは、この独特な姿やストーリーの他にも、寒さや日陰に耐性があり、育てるのが比較的簡単という利点があるからでしょう。

「ガジュマル」の育て方

水やり

水やりは土が乾いたらたっぷりと。鉢を持ったとき軽く感じたら十分与えます。冬場は生長も穏やかです。水のやり過ぎに注意。また、水はけが悪いと根腐れを起こします。受け皿にたまった水は捨てるようにしましょう。

日当たり

日当たりを好みます。真夏以外は日向で管理するか日光浴をさせてください。乾燥が苦手です。空調が効いた室内ではエアコンの風が直接当たる場所を避け、霧吹きで葉水を与えるとよいでしょう。

赤玉土と腐葉土を混合したものか、市販の観葉植物の土をご利用ください。

肥料

成長期に緩効性の置き肥をするか、2週間に一度程度、液体肥料を与えるとよいでしょう。肥料のやりすぎには注意してください。

「ガジュマル」の取り扱い始めました!

20160201_03

姉妹店であるインテリアグリーン専門店「フランツ」で販売している観葉植物用のガジュマルには、当店の植木鉢が使用されています。
植木鉢は、ガジュマルの魅力を引き立て、どんなインテリアにも調和する白地のものをチョイスしました。
おしゃれな12角形の植木鉢に入れることで、活き活きとしたガジュマルが上品に映えます。

さらに表土を覆うマルチング材は5種類から選択できます。あなたにピッタリのガジュマルを選んでくださいね。

おしゃれなインテリプラントのガジュマルは、「幸せを呼ぶ木」とも呼ばれています。
ぜひお部屋にガジュマルを置いて、幸せを呼び込んでみてはいかがでしょうか。
もちろん、プレゼントとしてもおすすめです。

鉢人スタッフが選ぶ!ガジュマルにお勧めの植木鉢

RR072-125

球体型の真っ白な植木鉢。専用の受け皿も統一感があってGOOD。若干植えこみにくいので注意してくださいね。

ST4318-130

通称ビール。イエロー・ホワイトのグラデーションに濃いグリーンのガジュマルがよく合います。

kt405-125

クレーター模様が素敵な植木鉢。その存在感がより植物を引き立ててくれます。サイズ・カラーも豊富!

ご購入いただいた鉢にお気に入りのアイテム、観葉植物、お花を植えたベストショットを募集しています。 ご応募いただいた方、全員に鉢人-本店-でご利用できるポイントを500ポイントプレゼントいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。