ディープブルーの花が魅力的な「セアノサス」をおしゃれなイタリアンテラコッタに植えてみた。

niitu 030

「鉢人楽天市場店」で販売している人気の低木。セアノサスをご紹介します。少し管理は難しい植物ですが、春に咲く花は一見の価値があり素晴らしいものがあります。
今回はそんなセアノサスの魅力や品種。育て方などを植木鉢の植え替えと共にご紹介します。

用意する物

KT204-230 イタリアンテラコッタ 8号
・セアノサスパシフィックブルー(背丈約50cm)
・鉢底網
・赤玉土
・腐葉土
・油粕肥料(固形タイプ)

セアノサスとは?

niitu 030
あまりホームセンターや花屋さんでは見かけない花木で、5月~6月ごろに、青紫の花が咲きます。
花が好きな方は知っている方もみえるはず。通好みな花木ですね。

鉢植えの場合は選定してお好きなサイズで、地植えの場合は1.5m程度にの大きさにもなります。
花が散ったときが植え替えの最適時期なのでもう一回り大きな鉢に植え替えてみます。

セアノサスの種類

セアノサスといえば定番のブルーが有名ですがその他にもいろいろな花色があります。落葉性のもの常緑性のものそれぞれ違いがあります。
特に人気の高い商品をご紹介します。

niitu 030
セアノサスで最もポピュラーなのが「パシフィックブルー」。葉は艶が強く、小ぶりで透き通るような濃い青色の花が美しいため、出回っているセアノサスの多くがこの種類です。
若いうちから花付きが良く、また矮性で、鉢植え仕立てにも向いているため大変人気の品種です。

niitu 030
ブルーの花色が美しいセアノサスですが「エルドラド」はその斑入りの品種です。新芽のころは葉っぱの周りが黄色に縁どられ、いっそう彩り豊かな姿となります。
黄色は次第に薄らいで白~黄緑色(白覆輪)に変化していくため、開花後はその姿も見どころのひとつです。観賞用のカラーリーフとしても美しい新しいセアノサスです。

niitu 030
多くが青い花のセアノサスですが「パールローズ」はピンク色の花の品種です。葉が広く他種と違い落葉性という特徴も持ち合わせています。
発色のよいピンク色の花が綿毛のようにポンポンと可愛らしい姿で開花します。

niitu 030
多くが青い花のセアノサスですが「スノウフリューリー」は希少な白花の品種です。
開花期には真っ白な花序がまるで牡丹雪のデコレーションのような姿になります。

育て方

セアノサスは特に難しくなく、注意する点をしっかりと押さえておけばだれでも簡単に育てることができます。春には可憐な花穂をお楽しみいただけるでしょう。

水やり

過湿に特に注意します。セアノサスが枯れる理由の大半は過湿だと言われています。地植えの場合:根付いてからは必要ありません。鉢植えの場合:表土が乾いたら与えます。

粘土質の水はけの悪い土壌は避けてください。鉢植えの場合は市販の園芸用土に赤玉土を混ぜて排水性を高めたものか、配合する場合は赤玉土6、腐葉土3、川砂1程度でご利用ください。

日当たり

日照を好むため、鉢植えの場合も春から秋にかけては屋外で管理してください。真夏の西日が強すぎる場合は半日陰に移しますが、過湿にならないような環境を優先します。
梅雨のころは特に、雨から避けるよう注意すると良いでしょう。冬場は関東以西では外で越冬できますが、寒冷地の鉢植えでは明るい室内に移します。枝が比較的軟らかいため、風当たりの強くない場所が無難です。

肥料

開花後にお礼肥えを1回、秋にもう1回の年2回を目安に緩効性の肥料を与えます。肥えた土壌を好みますが必ず必要になるほどではありません。
花つきが悪くなる場合は肥料切れが考えられるため、その場合はリン成分を多めに与えます。

剪定

開花シーズンが終わったら切り戻しを行って丈を調整します。秋以降は花芽を落とすことになるため、基本的には行いません。
枝が込み合った場合は間引き剪定を行い風通しを良くします。

植えてみよう!

では早速植えてみましょう。

IMG_3641

購入したセアノサスは4号ポットサイズ。下のほうが元気がなく枯れていますね。

これはビニールポットに対して樹木が大きく育っているので、根が詰まっている可能性があります。

負担を軽くするために剪定をおこないます。お花は咲き終わっているのでさっぱりとさせましょう。

弾力がなくなっている枝と、込み合っている部分をチョキチョキして

IMG_3642

こんな感じになりました。植え替えの負担も考えて少なめにカットしましたが、本来は咲き終わったらバッサリと切っても良い花木です。

今回植える植木鉢はこちら、

IMG_3644

きれいなつくりのイタリアンテラコッタKT204-230です。

品質が高いのが目で見てすぐにわかります。カッチリとしている感じです。

ホームセンターなどで販売しているすぐに割れそうな安いテラコッタとはぜんぜん違います。

このイタリアンテラコッタは凍てにも強いので外で管理するにもピッタリです。

樹木に対してちょっと大きいのですが、根っこが大分成長していたので8号サイズにしました。

IMG_3643

写真のように大き目の鉢底穴なので網も大きめにカット。

さっそく土作りをしていきます。

IMG_3645

赤玉土6、腐葉土4の割合で土を配合します。

上記は一例ですがとにかく水はけが良くなるように配合、もしくは配合済みの培養土を使いましょう。

鉢人店長は適当なので感覚で入れていますので写真の感じになっています(笑

また、リン成分の多い肥料を原肥として少し混ぜ込んでおくといいかもしれません。

IMG_3647

仮置きしながら位置を調整します。根っこが大分絡まっているのがわかりますね。

枯れの原因にもなりますので一回り大きな鉢に移してあげましょう。

今回は土の状態がよさそうなので根土は崩さずこのまま植えこみます。腐った根っこなどがあったら取り除いてください。

IMG_3649

位置が決まったらしっかりと土を入れて、最後に油粕を固めた肥料を適当に置いて終了です。

肥料は株元から少し離しておくようにしましょう!

さきにも書きましたが、夏場の暑さは少し苦手なので半日陰で管理しましょう。バークチップなどで表土を覆うのも効果がありそうです。

完成写真

IMG_3658

イタリアンテラコッタにぴったりと合っていますね。

ちょっと大きめですが、来年以降の成長に期待します。このイタリアンテラコッタはどんな種類にも良く合う植木鉢です。値段も比較的安価なのでお求め安いのもいいですね。

最後にたっぷりとあふれ出るくらい水をあげてくださいね^^

鉢人-楽天市場店-で販売中!!

今回ご紹介した4種類のセアノサスを期間限定で販売いたします。
開花が終わって切り戻しを行った夏場は販売を中止しておりますのでご注意くださいね。

tb013_05
tb013_06

鉢人スタッフが選ぶ!セアノサスにお勧めの植木鉢

KT101-200

人気のモスポット。素焼き鉢で通気性がよくアンティークさがGOOD!レッド・ブラック・ホワイトをご用意。

KT204-330

今回ご紹介したイタリアンテラコッタ。品質も良くサイズも豊富なので選びやすい商品です。

kt208-250

アンティーク加工が人気の素焼き鉢。汚し加工が初めからしてあるので使い始めからおしゃれですね。

ご購入いただいた鉢にお気に入りのアイテム、観葉植物、お花を植えたベストショットを募集しています。 ご応募いただいた方、全員に鉢人-本店-でご利用できるポイントを500ポイントプレゼントいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です